無言の笑顔のこいつの頭の中は、こんなに高速回転している。

御朱印…スキ! 物書き…書くのも読むのもスキ! お出かけ、食べ物…スキダー!

スマホで、キーボードとマウスをペアリングしたら、なんだかすごく便利なスマホになった。

 こんばんわー。絃永とかいてイトエと読みます。

 よろしくおねがいしますー!

 

 キーボードをiPhoneに接続しましたよー。って話をしましたが。

 Amazonでマウスも買ってやった!

 

 そんなに高くないので、繋がらなくてもしょうがないのつもりでやったけど。

 ちゃんとペアリング出来ましたー!

 マウスはきちんと動く。

 マウスポインタどーなんだろって思ったけど、設定でポインタ出た(*´꒳`*)

 

 やり方はこんな感じですー。

 まずはペアリングから。

 

↓設定ボタンから入って、アクセシビリティをクリック。

 f:id:ito-e:20200613002945j:plain

 

↓んでー、タッチをクリック

f:id:ito-e:20200613003141j:plain

 

 ……画像めんどしくなってきたらしく、続きの写真を撮っておらぬ!

 なので、後は文字で(; ̄◇ ̄)

 つぎの画面で表示された「AssistiveTouch」は、いじらずにそのまま、「デバイス」→「Bluetoothバイス

 マウスのほうを、ペアリングのモードにして……このマウスは、底面にペアリングボタンあったよー。

 で、続き。

 iPhoneに出てきたマウスの型番を確認してペアリングっと。

 

 次に問題のマウスポインタの設定の仕方。

 iPhoneとマウスをBluetooth接続した後に、さっき無視してた「AssistiveTouch」をオンにすると、マウスポインタでる…らしい。

 出た! なんか黒いグリグリぼたんみたいのがでた。

 スクリーンショットしたけど、写ってなかった。たしかにポインタ写ったら邪魔だもんなぁ。普通は(笑)

 

 ちなみにー。右下にホームボタンに戻れる系ボタンがあって、たぶんそれのことだと思うんだけど。

 「AssistiveTouch」のメニューボタンがうざったいときは、「メニューを常に表示」をオフらしい。それはやってないから、あってるかどうかは不明。

 

 ……マウス案外使える。指でタッチしたりするのがマウスポインタで、クリック。

 うん、べんりだ。

 アプリとか沢山開いてて、あちこち移動したときも、左のクリックボタン押しながらシュッって動かすと、指でタップするのと同じようにフリック(?)専門用語わかんないけど。

 とにかくシュッって、動くのシュッって(おばさんはこれだから)

 

 ということで、あとは変換の不便さを克服したら、パソコンいちいち立ち上げなくても色々出来そうな予感だ。

 

 

 っということで、今日はここまでです。

 最後まで読んでくれてありがとうございましたー!

 

 土日休みの人は、ごゆっくりー。

 自分は仕事っす!

 ではでは、おやすみなさいませ(^^)