無言の笑顔のこいつの頭の中は、こんなに高速回転している。

御朱印…スキ! 物書き…書くのも読むのもスキ! お出かけ、食べ物…スキダー!

【愚痴】教え方よ

 


 私を含め、支店3人の小さな店舗。私は社員のぺーぺー。もう一人はバイトで長く勤めている子、仮にB(バイトで)N(長く)T(勤めてる子)、BNTとする。

 もう一人は店舗責任者で、私より年上だが、店舗責任者経験年数は、私より下回っているというややこしい立ち位置。仮にT(年上で)T(店舗)S(責任者)、TTSとする。

 ってしとかないと、いちいち書くのがめんどいからw


 

  で、今回はTTSの話。

 

 顧客から本社にクレームがきた。

『賞味期限内の菓子を、封を開けて常温で置いていたら、傷んでいた』と言う内容。

 この菓子は、封をあけると傷みが早まるので、早く食べないといけない菓子であった。

 ていうか、よくある密封型で、開封したら空気に触れるからそりゃ傷むのは早い。っていうのは、どんな菓子でも一緒だし。

 ポテチとかの乾きものでさえ、湿気がきたりするって、わかってるし、ましてや今回のは、生ものに近い菓子だ。

 顧客だってそれをわかって、傷まないよう冷蔵庫にいれたりするもんだと思っていた。

 皮をむいたバナナを、皮が付いていたら日持ちがするから、これも大丈夫だろうと言って、常温で長々と置いていたら、そりゃ腐るだろう。と。

 とは言っても、まー、それを言っておかなかった私にも非があるので、そこはしょうがないし、謝るべきところであるから、ごめんなさいと素直に謝る。

 

 それは、さておき、クレーム対応を終えた本社から、支店であるこちらに、注意喚起の電話があり、話は、それをTTSが受けたところから始まる。

 電話を受けている様子から、何か言われているなぁとは思っていた。

「はい、以後気を付けて、教育を徹底いたします、大変申し訳ございませんでした」

 深々と頭を下げて、ゆっくりと電話を切ると、私の方にやってきた。

 

「何かありました?」

 で、さっきのクレーム内容を聞かされる。

 そして、まずは対応者を確認。私だ。そーだろうね。だって、お客さんには、開封したら傷みやすいです。とは伝えなかったし。

 んで。以後気を付けます。ごめんなさい。と、ちゃんと謝罪した。

 ここは、まじ今度から気を付ける。お客さんに迷惑かけたし。

 

 ただ、ここからのTTSの言葉だ。

「わたしがいっつも、そうやってお客さんに一言添えてるの見てたよね?」

 うん、確かに見ていたので、はい。と答えたわけだが。……で?

 その続きの言葉は、ない。

 えーと? それって、ん? んん? 一言添えてるの見ていたくせに、なんでお前は言ってなかったんだ? って言いたい?

 で、わたしにそれにどう答えろと?

 見ていましたが、やっていませんでした申しわけございませんって言わせたいのか。

 それとも、そういう姿を見せていたので、店舗責任者としての責務を自分はしっかりと果たせていたのに、なぜおまえはそれに報いてないんだ。とでも?

 

 てかさー、そういう、顧客に直接かかわる重要なことって、一言、

「こうやらないと、こうなるよ」

 って、先んじて説明すりゃすむことじゃん。

 やれ、事務用品の並べ方はこうしろ、とか、書類のとじ方はこうじゃないと私がやりにくいだの指導するまえに、一番に説明せねばならんことだろ。

 それをだ。

 事が起きてから、後出しのように、責めるような言葉を発するのはどーなんだろね。

 私が前職で責任者を担っていた時は、自分もきちんと説明してなかった、悪かった。と、一言言ってから、以後こうしようと話したりしていたわけだが。

 

 え、何、教え方下手なの?

 てか、そう言えば、

「私教え方が下手って、前に言われた事あるのよねーっ」

 て言ってたけど。

 うん、進歩していないってことか。

 

 てゆっか、そう。半年一緒にいて、そういう性格だと知ったはずだったんだった。最近はうまいことそれを回避するように動けていたんだがなぁ。

 盲点だったなぁ。私が以後気を付けよう。

 幸せなTTSなー。うらやましーわー。なんで私がここまで気を回さねばならんのかー。

 ……じわじわ腹たつわー。

 あーもっと、心穏やかに仕事がしたいもんだ。