無言の笑顔のこいつの頭の中は、こんなに高速回転している。

御朱印…スキ! 物書き…書くのも読むのもスキ! お出かけ、食べ物…スキダー!

【三題噺】春の嵐・びん・修道女


 お題アプリ使って出てきた三題でお話を作るっていうアレ。

 制限時間40分。

 

・びん→波に運ばれてくる、これ定番。

・修道女→なんか倒れてる自分を覗き込んで欲しいなーっていう願望から。

春の嵐→もー、これに巻き込まれて異世界転生としか思い浮かばなかった。

 

↓んで、書き始めはこんな風。

制限時間は40分。よーいスタート。

 


  気がつけば、知らない天井だった……。イヤ、天井じゃないし。空だし!

 空が見えるということは、僕は今、上を向いているというわけだね。

 んであと、背中の感触は……うん、なんか固い感じ。まぁ、まどろっこしくなく言うと。

 

 砂浜ですね。ハイ。

 

 さらに、ザザーンと波打つ音に合わせて、僕の足元に温い水があたるということは、波打際ですね。

 で、何だろね? これは、どういうことでしょ?

 訳がわからないので、僕は唸るわけですが……。

 

「もし……? 大丈夫ですか?」

 なんか白いフワッとした物が目の端に映ったよ。

 僕はその正体を見ようと……いででで!

 痛いし、首、動かないし、えーナンデじゃー?

 

「どこか痛いんですか? 動かさない方が良いですよ」

 優しい声が聞こえた。女の人かな? と思ってたら、声の主に顔を覗き込まれた。

 やっぱ、女の人だ。修道女かな? シスターっぽい黒い服を着ている。

 

「えっと!」

 思わず起き上がろうとするけど、体が痛くて動かない。

「じっとしていてください。んー、血とかは、出てない……と」

 女の子があちこち見てくれる。

 

「特に怪我はないみたいだけど、えっと、メーディーック! メーディーック! え? 今は居ない? あぁ、そうですか。困りましたね」

 

 そこに波がザザーン。

 僕の手のところまで波が来た。冷たい波の他に、何か固いものがあたった。

 女の人が、僕の手のそばの何かに気がついたよ。

「ビン?」

 言いながらコルクの蓋を開けようと……。

「すみませーん、皆さん手伝ってくださーい!」

 女の人が言うと、

「なんだなんだ?」

 人が集まってきた。

 で、みんなで、コルクの蓋をあける音も聞こえた。

 みんなの会話を聞くに、中には紙切れが入っていたらしい。

 そして、紙切れを皆で広げる音がした。

 首を動かせないから、見えないんだけど。

 

「あ。なんだ、この人が……」

「待ちわびたよ」

 なんだか、僕はみんなの待ち人だったらしい。

 

「生贄、到着しましたぁー!」

 生贄……?

「じゃっ、運びまーす! せーの、よいしょー!」

 沢山の小さい手が、僕の体に触れる。

 手の感覚というよりは、なんだか砂つぶが身体中に、くっついてきた気分。

 

 なんて考えていると、体がふわりと持ち上がった。

 持ち上げられながら、僕は思い出したんだ。

 春の嵐に吹き飛ばされた時。

 あなたは生贄になりますって、声が聞こえたのを。

 考えている間にも、浮き上がった僕の体の下に人が入ってくる。

 小さな小さな小人達。

 僕は、こいつらの儀式の生贄になるために、ここに飛ばされたんだ。

                           以上。


  1100文字。

 無理くり感満載。んで、予定としては800文字位で終わらせるはずだったんだけど、長くなった。

 てか、初っ端から生贄って!

 流行りの長い題名を付けるなら。

『念願の異世界転生を果たしたのに、小人世界。さらに、生贄にされそうになっている。誰か助けて!』

 とか? 長すぎるかw

 そして今から、小人の異世界での僕の冒険が始まるんだけど、それはまた別の話! ……とかなったらいいねー。ならないけど(汗)

 

 っと、ここで40分経ちました。

 携帯とパソコンでちまちま書いて、改稿せず。誤字脱字チェックはまた別の日にしよw

 雑なブログだなぁー。

 ('ω')ノ今日も、お付き合い有難うございました!